便秘と病気の関係

昔から、「便秘は万病の元」という言葉が使われてきましたが、ここ最近の研究結果では、便秘が様々な病気の原因という事が解明されてきました。


普段健康だったとしても、長い期間便秘を放置していると重病を引き起こす可能性があります。


便秘が原因で起こる病状として有名なのが、「痔」だと思います。
便秘になると、排便の時に強く力を入れないといけないため、肛門の周りを傷つけてしまい、「切れ痔」になってしまう事があります。


また肛門が炎症を起こし、潰瘍ができてしまう「痔ろう」は、一度なってしまうと手術しか完治する方法がないので大変です。
また、痔ろうは大腸がんの原因ともなる怖い病気です。
痔ろうは切れ痔の部分に便が侵入して起こる事がありますので、便秘を甘く見てはいけません。


また、花粉症や、アレルギー性鼻炎などの原因の一つに便秘が挙げられることがあります。
これは便秘により長い時間台帳に滞留した便が、腸内の悪玉菌と反応して、有害物質が発生してしまい、腸内から吸収しアレルギー症を発生させることがあります。


また、病気が原因で便秘になってしまう事がありますので注意が必要です。
便秘は体のSOSのサインとして受け取る事ができますので、便秘が続くようでしたら注意しなければいけません。


このページでは便秘に関する情報を紹介しています。
便秘は本当に怖い症状を引き起こしますので、もし頻繁に便秘になってしまう方のために作成しました。
便秘の方のお力になれましたら幸いです。


≪外部リンク≫
薬ではなく食品で便秘を解消した方法を紹介しているサイトです => 便秘 解消